2018/06/05  (火) 

「薄暮」というランプ Making

先日筆者は、ガソリンの価格の高さにびっくりしながら車を運転していました。

(何と東京はレギュラー 152円!、ハイオク 163円! 軽油ですら 132円!!!)

そして薄暮の時間帯は運転しにくいな〜 と思い、このランプを思い出しました。

                 

「薄暮」 は、
「はくぼ」と読みますが、どんな時間帯のことかご存知ですか?

                     

運転する人は、他の車などが見えにくい時間帯、
外で野球やゴルフをする人は、ボールと空の区別がつきにくい時間帯、
なので、ご存知の方も多いと思います。

                     

「薄暮」とは、日没後の黄昏どきのことで、
屋外で物は見えるけど、光の量が十分でない・・・ といった時間帯のことです。

                     

その後どんどん暗くなっていくので、工房では、
「廊下の電気を点けよう」 という時間帯です。

                     

                     

                        

さて、そんな 「薄暮」 というタイトルの

佐野広子さんのランプのMakingをご紹介します。

                       

ブルズアイ社のCOE90のガラスをカットし・・・

                       

                       

窯に入れて焼成します。

                       

                       

↓ 完成したガラスピースです。

                       

さて、どんなランプなのか、次回のブログをお楽しみに!

                       

                       

                       


             

2018.5.28 “爽やか色のステンドグラスランプ” に
コメントが入りました。

            

                          


                

  

             



--------------------------------------------



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村





| コメント(0)

あじさいの季節
「薄暮」というランプ