2018/12/14  (金) 

「パン屋さん」 完成

やっと完成した 「パン屋さん」 のステンドグラスをご紹介します。

これまで、原画とMaking をご紹介してきましたが、

( 原画、 Making 1、 Making 2、 Making 3 )

ガラス同士を半田付けして、黒い線が入るとこうなります。

「第38回 びどりを作品展」 (2018年 9月17日〜23日) 出品作)

             

             


             

 

             

             

パン屋さん
Outside the Bakery (Anton Pieck)

             

作家名: 高橋 園子
技法: 絵付け・サンドブラスト・コパーテープフォイリング


  ※ 作品の写真の転載・転用、およびデザインの転用を固くお断りします

             

             

             

【本人のコメント】

原画は、オランダの挿絵作家 アントン・ペック(1895ー1987)。
原画と似た色のガラスを選び、

その一つひとつの小さいガラスに絵を描いて窯で焼き付け、
ガラスを銅のテープで巻いてハンダ付けしました。
中世ヨーロッパの街並みなどを描いたアントン・ペックの絵は、

シャドーボックスによく使われています。

             

             

右側

             

             

             

 

             

             

             

左側

             

             

             

中央下部のこげ茶色のガラスに、

Anton Pieck  Outside the Bakery 

サンドブラストしておきました。

             

              

              

               

高橋園子のウェブサイトはこちら:

             

              

               


              

              

              

下の写真は、びどりを作品展 会場 での展示風景です。

              

              

ステンドグラスの隣に展示しているのは

参考作品として、

同じ絵をシャドーボックスにした作品。

             

  Outside the Bakery シャドーボックス制作   石井百合子
シャドーボックス・ラ・マーニ主宰  

              

同じ原画でも、技法が違うと

こんなに印象が変わるのかと、おもしろい試みになりました。

作品を貸してくださった石井先生、ありがとうございました。

                          

              


                          

  

               



--------------------------------------------



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村





| コメント(0)

「パン屋さん」 Making 3