2019/11/12  (火) 

ナンシーのマジョレル邸

これまで、5回にわたって 「ナンシー派美術館」  のレポートをしてきました。

たった5回ではレポートしきれないほど、見どころ満載の美術館でした。

これまでのナンシー派美術館のブログに、11月12日付けでいくつか写真を追加しましたので

お時間がありましたら、ご覧ください。

                  

そして、ステンドグラス好きの方は

ぜひナンシー派美術館へ行ってみてください。 

(ナンシー美術館ではありません。ナンシー派美術館の方です。)

                      

                      

さて、この美術館は

 ・家具のルイ・マジョレル

 ・ステンドグラスのジャック・グリュベール

 ・ガラスのエミール・ガレ

などナンシー派の作家のコレクションが充実していましたが、

マジョレルの家具はため息が出るほど美しかったですね〜。

                     

庭にマジョレルの胸像もありました。

さて、             

次の訪問地は、マジョレル邸です。


                      

                     

「ナンシー派美術館」から歩いてすぐのところに

「マジョレル邸」 があります。

                

アール・ヌーヴォーの各分野のスペシャリストが

この邸宅のためにコラボした、アール・ヌーヴォー期の個人邸の傑作です。

               

               

ジャーン! 建物は修復中です!

(2019年6月訪問時)

               

1901年に建てられたそうですが、老朽化が進んでいて

以前から、建物の修復を繰り返しています。

               

見学できる日程をかなり前から調べていたのですが

  ・文化の日?しか公開していない・・・

  ・●曜しか見学できない・・・

  ・2階には一度に●人しか上がれない・・・

など、見学できるの〜?

とかなりビミョーな感じでした。

               

ツアーを計画した時には、曜日限定で見学できることになっていたので

見学ルートに組み込んだのですが、また修復工事が始まってしまい

やはり見学不可になっていました。

               

旅行会社に、「ここの見学は必須なので、もう一度調べてください!」 としつこく打診したのですが、やはりだめでした。

               

市のプロジェクトとして建物の保存にあたっているようです。

               


              

               

そんな状況を知っていたので、かなり古い建物だと思っていたら・・・

あれ〜! 綺麗になっている!!!

              

              

              

                         

              

                       

                       

                       

このマジョレル邸で見たいステンドグラスがあったんです!

ここで、ジャック・グリュベールのステンドグラスが見たかったんです!!!

              

この窓のステンドグラスとか・・・

              

                       

                       

                       

この窓の

アンバーの濃淡のリップルガラスのステンドグラスとか・・・

                       

                       

                       

工事のフェンスの隙間から、ガン見したけど

よくわからない! 残念!!!

本やインターネットで見てくださいね。

                       

修復が終わったら、また来よう!

                       

                       

                       

上の写真は、このブログの最初の方の

門の前にあった看板の写真を拡大したものですが

マジョレルさんたちがテーブルを囲んでいるようです。

                       

                       

イギリスでは、ウイリアム・モリスやバーン・ジョーンズ、ロセッティらのアーティストが集まって一大ムーヴメントを興したように、

ここでもアーティストたちが集まって感化しあい、創作活動をしていたんだなぁ・・・

と建物の門の前で想いを巡らせていました。

                       

                       

次回のレポートもまだナンシーが続きます。

                       

                       


              

これまでのナンシーのレポート 
・ 2019.06.29 レストラン エクセルシオールでの食事
・ 2019.07.02 スタニスラス広場でのルミエール(プロジェクションマッピング)

・ 2019.10.29 ナンシー -1 (パリからナンシー駅まで) 

                   

これまでのナンシー派美術館のレポート 

・ 2019.11.01 ナンシー - 2 (ナンシー派美術館 オパルセントガラスや家具) 

・ 2019.11.04 ナンシー - 3 (グリュベールのステンドグラス 1)

・ 2019.11.05 ナンシー - 4 (グリュベールのステンドグラス 2) 

・ 2019.11.07 ナンシー - 5 (そのほかのステンドグラス) 

・ 2019.11.09 ナンシー - 6 (グリュベールの水族館)
             

                      

「フランス見学ツアー」 のブログのまとめはこちら:

           

                 


            

  

              



--------------------------------------------



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村





| コメント(0)

フランスツアー ナンシー - 6
ナンシーのマジョレル邸 -2