2019/12/04  (水) 

Memory というパネル

2019年9月の 「ステンドグラスグループびどりを 第39回作品展」 
(目黒 CLASKA The 8th Galleryの出品作品をご紹介します。

               

                


             

             

             

Memory
−いま亡き友へ−

             

作家名: 土屋 直子
技法: フュージング・コパーテープフォイリング


  ※ 作品の写真の転載・転用、およびデザインの転用を固くお断りします

             

             

             

              

               

             

             

             

会場のクラスカ エースギャラリー CLASKA The 8th Galleryでは

南側の窓に展示いたしました。

             

             

            

            

            


              

             

             

              

【本人のコメント】

作品制作において一番時間がかかるのが

ガラスを選ぶ作業です。
ガラスの質感と透明感と色を組み合わせていきます。

              

今回も最後の一枚がなかなか決まらず、ガラス棚で一枚一枚見ていた時

このガラスに出会いました。

彼女が以前使っていたガラスです。

              


              

              
まわりのガラスとも相性が良く、目立ちすぎず控えめすぎずしっくりきました。

              
「これはどうかな?」って教えてくれた気がします。

              

              
              

            


              

                           

上の写真では、手で丸いものを説明しているようですが

このことかな?


            

            

 

                      

                   

            

太陽の光で、このようにキラッと輝いた写真が撮れて

ガラスの美しさを見ていただけるのは、自然光展示ならではの効果です。

私には彼女のウインクに見えました。

            

             

             

             

             


            

  

               



--------------------------------------------



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村





| コメント(1)

この記事へのコメント

 忘れない

今日で一年が過ぎました。
今でも、何処かで会える気がしています。

びどりを作品展の打ち上げ
memory というランプ