2020/02/09  (日) 

「月を愛でる」 ステンドグラスパネル

 この頃ブログを書くために

 ・新大久保駅のネタのため、駅ビルを見上げ…
 ・羽田空港の新ルートのネタのため、新宿の空を見上げ…

…と、上を見上げることが多いです。
                
本日2月9日は満月ですので、また夜空を見上げることになるのかな?

 

ということで、月をモチーフにした作品をご紹介します。         

2019年9月の 「ステンドグラスグループびどりを 第39回作品展」  出品作。

               

             


             

              

             

             

月を愛でる
ツキヲメデル
             

作家名: 白鳥 淳
技法: 絵付け・サンドブラスト・フュージング・ハンドリューター・コパーテープフォイリング


  ※ 作品の写真の転載・転用、およびデザインの転用を固くお断りします

             

             

 

             

                

                

【本人のコメント】
象は伊藤若冲の屏風から

兎は山東京伝の手ぬぐいから出てきました。

満月にうかれる象の楽しそうな様子に

「月なら、わたしでしょ?」 と、はざまから顔を出す兎。

極力色を抑えて、墨絵風の感じを出してみました。
               

                 

 

               

               

 

             

               

以下は会場 (目黒 CLASKA The 8th Gallery) での展示風景。

壁と壁の間に吊り下げてあるのが、この作品。

 

               

               

このように、窓からの自然光を光源にしているので

時間帯によって、いろいろな色のガラスに変化しています。

              

              

               

              

             

               

               

                

次回のブログでMakingをレポートします。

               

               


               

 

              



--------------------------------------------



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村



おもしろかったらクリックお願いします!!!




にほんブログ村





| コメント(0)

新宿上空の旅客機
「月を愛でる」 ステンドグラスパネル Making