2013/11/18  (月) 

窓にはめてあるまま修理

教会のステンドグラスの修復 のレポートが続きます。

前回は、工房に持ち帰って修復した分のレポートでした。この分は枚数が多かったので、相当、時間がかかりました。

しかし、ステンドグラスを取り外さずに、現場で修理した箇所もたくさんあります。予算の関係上、できるだけ取り外しての修理は少なくしたかったのですが、そういうわけにも行かず・・・

 

たとえば…

左の写真のように、何かが突き刺さって穴があいてしまった所は、そのガラスのみを、その場で、白いガラスのみを交換修理しました。

 

 

 


    

     

下の写真は、開閉するドアに入っている部分です。

二ヵ所ヒビが入っており、目立つ所なので、この部分のガラスのみ交換修理しました。

 

 
    

左は、ガラス修理後の写真です。

 

 


    

このように、ちょっと技術を要しますが、はめてあるまま修理することも出来ます。

その他に、ヒビの修理箇所が多数ありましたが、すべて綺麗に直して、スッキリです!

 

そろそろ、教会の修復のレポートは、終わりにしたいのだけど、皆さんから説明を聞きたいという声が多いので、もうちょっと続けてみます。

 

 


 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

ステンドグラスの修復
修復は、汗・ほこり・虫の三重苦