2013/11/30  (土) 

雷門の大提灯

先週の土曜日、2013年11月23日、今年の9月に開催した 第33回 びどりを作品展 の打上げ & 忘年会をしました。

会場のボナ・フェスタで、とてもおいしいロシア料理を満喫しました!

        

そのレストランが浅草だったので、その週の月曜日 11/18 に10年ぶりに新調され取り付け作業が終了したばかりの、雷門の大提灯を見てきました。

 

案の定、午前中からすごい人だかりです。


        

        

       

 

            

  大提灯、美しくなりました!

  太陽を受けて輝いています!

           

  職人さんが少なくなって、京都で作られたものだとか・・・

どの業界も職人さんが少なくなってるんだなぁ・・・

                        
           

           

 

        

下からのぞいてみました。立派な龍の彫り物があることを初めて知りました。

           

現在の大提灯は、松下幸之助が奉納したものだったのですね。

そのころは、まだ「松下電器産業株式会社」 という社名だったのですね。

いまは、パナソニックですから、社名からも歴史を感じます。10年ごとに新調しているそうですが、この大提灯は700キロもあるそうですから、新調するのも大変でしょう。

でも、雷門は浅草の顔ですから、ぜひとも維持していただきたいな。

           

雷門と書いてある反対側は、こうなってます。

つまり、仲見世商店街側から見ると、風雷神門と書いてあるんですね。いつも買い物に夢中で振り返っていませんでした。

           

           

いつも、コツコツ、ガラスと向き合ってステンドグラスを制作している仲間と、のんびりと散歩した一日でした。

         


        



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

高円寺に咲く
工房の遠足? スカイツリー