2020/02/17  (月) 

タージ・マハルの装飾をモチーフにしたランプ

先日、工房のおやつで 「ムガル帝国」 時代から続くレシピの

クッキーを食べました。

「ムガル帝国」 って何で聞き覚えがあるんだろう?

と思っていて・・・

思い出しました! このランプです。

2019年9月の 「ステンドグラスグループびどりを 第39回作品展」 
(会場: 目黒 CLASKA The 8th Galleryの出品作。

               

             


             

             

             

「 亡き王妃のための廟宇より 」

             

作家名: 長沼 克拓

               
技法: 絵付け・サンドブラスト・コパーテープフォイリング


  ※ 作品の写真の転載・転用、およびデザインの転用を固くお断りします

             

             

             

              

             

             

             

             

             

             

             

             

【本人のコメント】

タージ・マハルの装飾からモチーフを選出、構成したランプです。
タージ・マハルは、インド、ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが
1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟です。

              

              

              


              

             

             

             

                    

              

             

             

             

             

             

             

             

             

             

次回は、このランプのMakingをご紹介します。

             

             

               

                  


             

【 みきデザイン工房からのお知らせ 】
     

  

          


            


               

 

              

 



--------------------------------------------



おもしろかったらクリックお願いします!!!


にほんブログ村



おもしろかったらクリックお願いします!!!


にほんブログ村





| コメント(0)

コメント記入欄




モリスの鏡
タージ・マハルの装飾をモチーフにしたランプ Making