2014/12/15  (月) 

繭 をガラスで

昨日の夕方、東京でも初雪が降ったそうですね。

今日、おいでいただいている生徒さんは、みんな知らない! とおっしゃっていますが、みなさんは東京の初雪を見ましたか?

(日本海側は大雪警報などが出ているので、こちらは呑気な話しで申し訳ありませんが…)

        

前回のブログ 「地球のランプ」 を見ながら、寒波がこのあたりから、このように張り出してきているんだなぁ。。。 なんて思いました。

        

        

さて、今年もあと半月。

今年、2014年の出来事の総集編などのテレビ番組が増える季節です。

そこで、今年のブログで紹介しなくちゃならないネタは? と考えて、

2014年6月に、「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)が、ユネスコの世界文化遺産に登録されたので、それに関連したネタにします。

        

「繭」 からイメージした作品です。 (「ステンドグラスグループ びどりを 第34回作品展」 出展作)

        

        


        

 

        

繭型の箱

                     

作家名: 佐野広子

        技法: サンドブラスト

                      


  ※作品の写真の転載・転用、およびデザインの転用を固くお断りします

         

         

                   

         

         

地の白いガラスは、クラッケル(クラックル)というガラスです。

         

         

         

         

※ 展覧会会期中は、下から蛍光灯でライトアップして展示していました。

         

 


       

       

2014.12.12付けのブログにコメント入りました

       

       


       



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

地球のランプ
赤とグリーンのランプ