2015/05/15  (金) 

花の妖精のパネル

前回のブログで、makingをご紹介した作品をご紹介します。

「ステンドグラスグループ びどりを 第34回作品展」 出展作)

         

ヤナギ (willow) をモチーフにした作品なので、この時期にピッタリです。

             

         


        

                               

 

                                 

Tiptoe Dance
シシリー・メアリー・バーガー「花の妖精」より

                     

作家名: 土屋 直子
技法: 絵付け

                      


  ※作品の写真の転載・転用、およびデザインの転用を固くお断りします

                 

                          

                 

                 

                 

【本人のコメント】

 水面や葉の流れ、羽の模様の繋がりが不自然にならないように描いたり、色をのせるのにとても苦労しました。
しかし、一番時間がかかったのは妖精の表情です。本当はもっと可愛いのです。

             

             

             


             

             

シシリー・メアリー・バーカー原画の 「花の妖精」 の詩画集の模写です。

花びらで造られたような衣装をまとった少年や少女で、背中に蝶やとんぼの羽を付けている妖精たちのシリーズのうちの一つです。

              


             

                  



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(2)

この記事へのコメント

 ふつふつと・・・

教室の片隅でみんなの楽しい会話にも参加せず、
ツンツン、シャリシャリと気が変になりそうでした。
完成した時は嬉しかったけど、当分絵付けはいいかなと思いました。
・・・が、第3弾やろうかな?
ん〜〜〜、もう少し考えよっと!!

 Re;ふつふつと…

ツンツン、シャリシャリ している時は、
唾を飛ばせないので、おしゃべりできないんですよねー
孤独なシェイディング作業。

でも、トンボの羽 、妖精の顔や髪、柳の葉っぱの遠近…
いろいろとこだわった成果が出たじゃないですかー!

第3弾やりましょう !

花の妖精 making編
両手いっぱいの “つるバラ”