2014/04/09  (水) 

色変わりのガラス

東京の桜は、満開になってから冷え込んだおかげで長持ちしていますね〜。

でも、桜のピンク色が薄い色に変わってきて、侘しい。
        
そこで、色変わりの話し 、“STRIKER” のお話しをちょっと。
        

ガラスとガラスを窯に入れて熔着することを、ガラスの「フュージング」といいます。

        
そのフュージング用のガラスに、この “STRIKER” というシールが貼ってあるガラスがあるのを見たことがありますか?
        
これは、焼成すると色が変わって、希望の(見本のような)色になるガラスです。
        
        
        
下の写真は、左から、ブルズアイ社 #1311のピンク、ストライカーではない赤が中央にあって、右側が #1234のバイオレットです。

 

 
        
左が焼成前。右が焼成後です。

薄いピンクが、濃いピンクになり、

ブルーがバイオレットになっています。
        
わかっていて、ガラスをカットしていくのですが…
        
こうも色が変わってしまうと、頭の中で色合わせを考えにくいよ〜!
        
あらかじめ、ガラスを焼いて発色させてから使う人もいるようですが…
頭の体操だ! とばかりに、かたくなに頭の中で色合わせをしています。
        
        
ちなみに、
ゆっくり時間をかけて温度をあげないと、発色しない…
トップの温度でキープ時間を長くしないと、発色しない…
といったストライカーもあるようですので、「色変わり」 にはご用心!
        
        
※ 以前のストライカーのネタもご参照ください。
「ストライカーって何?」
        


 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

ステンドグラスの講演会
森の宝石のようなランプ