2013/02/18  (月) 

ストライカーって何?

前回のブログで、制作したM.N.さんの感想の中で、

「花びらは最初はほぼ透明だったガラスで、焼くと綺麗なピンク(赤?)になり・・・」

という部分がありましたが、意味がわかりましたか?

 

下の写真をご覧ください。これは、そのばらの花びらの一枚です。

 

 

 

下側に薄いピンク色のガラスがありますね。これが焼成前の色です。

そして、窯で焼成すると指で持っているような赤(濃いピンク)色になります。

こういったように、焼くと本来の色に変わるガラスを、ストライカーといいます。

 

M.N.さんは、このように色が変わるのを考慮しつつ、ガラスパウダーを振りかけて陰影を出したいと考え、テスト焼きして構想を練りました。

 


 

フュージング用のガラスに、こういった「ストライカー」 のガラスがよくあります。

焼いた時に、焼き見本のような色になるのです。

特に、赤、黄、オレンジ色はストライカーが多いですから、注意してくださいね。

 

問題はですね・・・

最初は、これはストライカーだから注意してくださいね、と言って生徒さんに渡すのですが、端材をゴチャゴチャと混ぜてしまうと、それで作品を作った時に、

「うす黄色の花にしたはずなのに、ビビッドなオレンジ色になっちゃった!」

「淡いピンクにしたつもりが、キャー! 真っ赤だわ〜!!!」

なんてことになるので、分けておくこと! これをお忘れなく!

 

フュージングのガラスは、

 これはストライカーの何色で・・・

 これは、膨張係数90で、これは96で・・・

 これは、モレッティ(エフェトレ)で…

といったように、分けておかないといけないので、小分け容器だらけになってしまうのが、やっかいでもあります。

でも、ハマっちゃうんですけどね。

 


 

 


 

 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

ガラスパウダーで赤い薔薇を! 
ひなまつり 女性限定入学キャンペーン