2013/02/02  (土) 

教室で大きなパネルの制作

みきデザイン工房では、高等科、自由制作科と進むにつれて、大きなウインドウパネルを作る生徒さんが多くなります。

工房には作業台が3台あるのですが、その1台の半分くらいの大きさのパネルを作る方が、常に何人かいます。

予約なしでおいでいただいているのですが、大きいパネルの制作をしている人が重なることは滅多にありません。でも、保管場所には限りがありますので、だいたい1年で完成するデザインにしていただいています。

 

  
    

作業台の下に棚を作って、制作中のパネルをお預かりしていますので、その日の作業が終わると作業台の下にしまいます。

 


    

大きいウインドウパネルは鉛線組みで作りますので、鉛線で組むと重くなり・・・

半田付けをすると重くなり・・・

パテ詰めをすると重くなり・・・

 

というわけで、二人でよいしょと、棚にしまいます。

 

冬の間は、秋の展覧会前と違って工房もちょっとすいていますので、大きなパネルを制作する方は、この時期にどうぞ!!!

 

 


 

   

だから、工房内では、地震が揺れても机の下には身を隠せません。

どんなに細い方でも、体が入りません!

グラッと来たら、すぐに廊下に出る方が安全です。

エレベーターホールの階段の手すりにつかまってくださいね。何回も避難訓練をしているので、皆さん避難に慣れてきました。日頃の訓練が大切です。

        

 


 

 

 

 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(4)

この記事へのコメント

 [無題]

自由制作科になっても、チマチマしたものを作っています。
しかもかなり自由に!!!
これからもこの路線で行きたいです!!!

 楽しく!!!

自由に!強制しないのがみきデザイン工房の特徴です。
でも、何を作りたいか位は教えてね。
決められない方。ご相談に応じますので、一人で悩まないでね。

 ん〜

教えたいけど、頭の中が整理不能で「説明」ができないんですよね〜。
それで、いつも見切り発車的な...あは〜

 あ〜ん

大丈夫!ねこまんまさんは「お家作りたい」とか言ってくれるから。
「どういうお家」かは解りますよ〜。でも、細かい所が説明できないのね〜。

新大久保名物といえば…
バレンタインに手作りのプレゼント