2013/07/23  (火) 

“みきっこ” ミラノへ行く -4-

「イタリア ステンドグラス見学ツアー」 ミラノ・ドゥオモのレポートが終わらないよ〜!

   

 

   

上の写真のように、ミラノ・ドゥオモ内の側廊の左側は、ほとんど修復中でした。

修復中の足場さえ、アートに見える!?

 

側廊の左側にある、“シエナの聖カテリーナ” を見たかったのに!!!    

まっ、これだけの聖堂ですと、どこかは修復中になりますよね。

   

ミラノ・ドゥオモのステンドグラスは、

「一つひとつの窓に、一人の人物」 という古典的な構図のものや、

ゴシック建築ならではの、長い窓を利用した 「いくつかの窓で、縦に流れるような構図」のもの…

「遠近法を利用した、奥行きのある構図」 や、

「ルネサンス以降の油彩のように、筋肉や顔の表情の描写が見応えのある」 もの…

  

など、他にも見どころがたくさんあったのですが、その中で、私が 「これ好きだわ―」 と思うのは、すべて15世紀に出来たステンドグラスでした。

    

ミラノ・ドゥオモには、また来たいです!!

   




--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(1)

この記事へのコメント

 大事にされてる

こうして、修復されているところを見ると、あぁ、ステンドグラスが大事にされているなぁー、と思います。イヤホンガイドの6ユーロや、写真撮る方が2ユーロは払うのも、聖堂の維持費になっているのかな?

イタリアは残していくものと、新らしく変えるもののバランスが絶妙ですね。

“みきっこ” ミラノへ行く  -3-
“みきっこ” ミラノへ行く  -5-