2017/06/06  (火) 

ラオスの寺院のステンドグラス

前回のブログ 「小樽・札幌 ステンドグラス見学ツアー」 (2017.10.8 - 9)

で旅行の話しが出たところで・・・

              

旅行先の想い出をモチーフに作ったステンドグラス 
「第36回 びどりを作品展 出品作」 をご紹介します。               

                   

                          

                          

 ラオスの青空の下で
ワット シェントーン

                                                      

作家名: 飯野 千鶴

技法: 絵付け・鉛線


  ※ 作品の写真の転載・転用、およびデザインの転用を固くお断りします

              

               

【本人のコメント】
世界遺産の街 ルアン プラバンには、たくさんの寺院があります。
この寺院は1560年建立で外壁は金の彫刻がされ、

背面にはマイトーン(黄金の木または生命の木と呼ばれている)のモザイクが、

室内の壁・柱・天井すべて金で装飾がされていて、とてもきれいな寺院でした。
               

               

            

            

            

            

                 

               

               

「第36回 びどりを作品展」 の会場となった、賀川豊彦記念 松沢資料館の回廊の階段の手前の右側に展示してありました。

            

               


 

  

             



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

創業40周年記念 小樽ツアー
ステンドグラスの時計台