2008/06/23  (月) 

オイルカッター

ガラスをカットする時には、オイルカッターを使っています。

刃先に超硬合金を使ったもので、中にオイルを入れて使用します。

 

でも、オイルカッターの油の出が悪い、と思うことはありませんか?

その時は、以下の点を点検してください。

  1. 上側のネジがきっちりしまっていませんか? 
      すこしゆるめないとオイルが出てきません。
  2. オイルが少なくありませんか?
      オイルが少なすぎるとおりてこないことがあります。
      半分以上入れてみてください。
  3. 刃が磨り減っていませんか? 
      ルーペで刃を見て、丸くなっているようだと取替えの時期です。
      刃先だけ交換できますので、先生にご相談ください。
  4. 上の2点がOKな場合は、刃先のネジをゆるめて刃先を一度とりはずしてください。“糸” が減っていませんか?
      “糸” が減ってくると、オイルが刃に伝わりにくくなります。

 

 

 下側は新品のカッターですが、上側のように減ってくるとオイルが落ちてきません。こうなると、カッターの交換の時期ですので、先生にご相談ください。

 


 

現在は、オイルカッター用のオイルを使用していますが、以前は、樟脳を主成分とした「片脳油」を使っていました。衛生用液体・消臭芳香剤としても有名なのですが、「片脳油」は“臭い、臭い!” と悪評なので使用するのをやめました。いわゆる“トイレの芳香剤の臭い” だったもので・・・ こんなこと言うと、年齢がバレルかな? いったい熱血講師は何歳なんでしょうねぇ? 「片脳油」を使っていたなんていうことで想像はつくと思います。

それにしても、それまでのカッターにくらべて格段に切りやすくなったもので、臭くても、オイルカッターが出回るようになって嬉しかったものです。



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

「ガリ」のお手入れ
ガラスのマチエール