2010/10/20  (水) 

森のガラス

「ドイツ  -  ステンドグラス見学ツアー」 の出発まで一ヵ月を切りました。楽しみですね〜。

さて、今回のツアーのメインは 「ランバーツ社見学」 ですが、ランバーツ社は、Waldsassen ヴァルトザッセンという町にあります。

この “wald” は森という意味です。森はガラスと密接な関係にあるんですよ。

 

シレジア、ボヘミア、ヘッセン、チューリンゲン、などの森林地帯は、ガラスの材料となる珪砂や粘土、木灰が豊富にあり、ここに窯が増えていきました。木を使い切ると、森を再生化しつつ次の森へと移っていったんですね。
 

ヴァルトザッセンは、オーバープファルツの森にあります。この森は、北のヴァルトザッセンから南のヴァルトミュンヒェンまで全長100kmにわたって延びている、ドイツ、チェコ国境にまたがる中低山地にあります。

そこで産する製品はヨーロッパ市場で「森林ガラス(ヴァルト・グラス」と呼ばれたそうです。

 

オーバープファルツの森に早く行きたいですね〜。

 


 

 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

ガラスの神秘
森のガラス 2 (サンゴバン)