2011/03/14  (月) 

安否不明の方のご無事を祈ります

3月11日14:46頃発生した、三陸沖を震源とするM9.0、最大震度7の「東北地方 太平洋沖地震」。
工房で皆さんと非難していた時にも、その災害がいまだかつてない巨大な規模になるだろうことはわかっていました。でも、やっと自宅に帰って報道で詳細がわかるにつれ、想像を絶する被害の大きさであることがわかりました。

 

仙台にいる私の従兄とは、昨日やっと連絡がとれ家族も無事であることがわかりました。まだ岩手の友人とは連絡がとれません。生徒さんの中にも、被災地にご家族のある方がいらっしゃいます。いまだに連絡がとれないそうです。そのご心配はいかばかりかとお察し申し上げます。

前述の従兄のいる仙台は、まだ電気、ガス、水道などすべて使えないそうです。工房でも地震当日は水道が使えず、トイレの水を運んだり、飲料水の確保するのに、たった半日だけでしたが大変でした。東京では電力不足のため電車の本数が減ったり、運休したりしていますが、電気がないだけでこうも混乱するものかと実感しています。
 
まだ各地で余震が続いております。まずは、「東北地方 太平洋沖地震」が早くおさまって欲しいです。そして、何より、何より、とにかく一番に安否不明者の無事をお祈り申し上げます。

 

※工房は、自主的に節電モード(いつもそうですが・・・)ではありますが、いまのところ停電はしておりません。電気、ガス、水道も使える状態です。通常通り、営業しております。

 
※いまだに電話がつながりにくい状態にありますが、回線はつながっています。

 


 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

大地震から一夜明けて・・・
シャガールのステンドグラスの前で祈り