2011/12/29  (木) 

カタツムリで“再生”

「カタツムリで “再生”」 と聞くと、いま流行りの韓国コスメの話しのようですが、昨日のブログに続き 「聖セバルドゥス教会」 の話しです。

 

「聖セバルドゥス教会」 には、聖人セバルドゥスの墓碑があります。 (写真左下)

 

 

 

 

 

12使途が柱を支えているこの墓碑の下を見てください。4隅にはイルカ(左上の写真ではわかりにくいですね…)が、その間はカタツムリが墓碑を支えています。

よく見ると、カタツムリの頭の向きがすべて右を向いています。時計と反対周りを示すことで、「時を戻す」 つまり 「永遠」 を表しているそうです。(たぶん私の記憶が正しければ…)

 

また、カタツムリは冬眠して春に目覚めることから、「再生」という意味を表しているそうです。

今年、2011年もあと3日。今年やり残したことがある方は、カタツムリのパワーで時を戻してもらいたいですね。

 


 

2011年の授業は、本日、2011年12月28日で終了いたしました。本年中は、ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

新年は、2012年1月5日から営業いたします。5日は木曜日ですが営業しておりますので、どうぞおいでください。

では、寒い日が続きますが、健康に気をつけてよい新年をお迎えください。

 


 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

ニュルンベルクの 聖セバルドゥス教会
新年のごあいさつ