2009/02/03  (火) 

鬼わぁ〜外! 福わぁ〜内!

「節分」つまり「季節の分かれ目」。
もともとは、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のそれぞれの前日をさしていたそうです。
4つある「節分」のうち、立春の前日の節分だけ「節分」として残ったのは、冬から春になる時期を一年の境とし、現在の大晦日と同じように考えられていたからだそうです。
つまり節分の翌日からは「新年」、「春」なわけですね。

 
それで「節分」に、鬼を追い払う「豆まき」の行事をしたのだそうです。これは、中国から伝わった風習だそうで、「鬼やらい」、「厄払い」、「厄おとし」と呼ばれ、疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式です。

  1.炒った大豆をまく
  2.落花生をまく
  3.鰯の頭を、柊の小枝に刺して戸口に挿す
  4.恵方巻き

など、地方によって行事はさまざまですが、ほとんどの生徒のさんが、1.炒った大豆をまくか、2.落花生でした。

 


いずれにしろ、「節分」には「鬼」はつきもの。
 

絵付けクラスの生徒さんの島袋さんの絵、「青鬼」 を(ご本人の了解を得て)ご紹介します。

でも、別に 『鬼わぁ〜外!』 って、豆を投げつけるわけではないからねっ!

 

是非、島袋さんのサイトにアクセスしてみてください。もっと大きくご覧になれます。

http://azzurra.secret.jp/
この絵は「Pieces作品」 の中に掲載されています。

  
私は、「Graphic Arts」の中の“3”が好き。
ご本人が出演? モチーフになっています。

 

ご覧になったら、ご感想を以下のコメントで、あるいはサイトからメール、または教室で直接お寄せくださいね!



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

いちご泥棒と暮らしたい
写真31 - 第28回 びどりを作品展