2009/02/10  (火) 

写真32 - 第28回 びどりを作品展

昨年秋(2008.9.22-28)に開催された、第28回 びどりを作品展  写真32をご紹介します。

 

 

 

「CLASSIC  −バッハ−」

 
クラシック音楽の巨匠、バッハの肖像画と、30代の頃に働いていたケーテン城。
 

人物の周りを取り巻く装飾部分は、透明なガラスに模様を描いた後、模様部分が黄色になるように絵の具を塗っています。この絵の具はシルバーステインと呼ばれ(硝酸銀で黄色に発色する)、14世紀から伝わる「CLASSIC(古典的)」な技法です。

 
高橋 園子

びどりを展出品回数 27回・ステンドグラス歴 28年

 ※作品の写真の転載・転用、およびデザインの転用を固くお断りします。

 


 

先に、2008年10月08年のブログでは、「CLASSIC  −シューマン−」 をご紹介しましたが、第28回びどりを展会期中は、賀川豊彦記念・松沢資料館の廊下に並べて展示いたしました。

 

 

 

また、2008年11月の個展の案内状の写真にも使いました。

 



 

絵付け技法の詳細は、

絵付けの手順 (1)色ガラスとガラス絵 
          (2)線描き
          (3)一回目のシェイディング
          (4)二回目のシェイディング
          (5)シルバーステイン・エマイユ彩色
で綴ってきましたので、是非ご参照ください。



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

製図用品なんて使ったことないんだもん!
ステンドグラスを運ぶ (2) 車・電車編