2013/01/11  (金) 

ヨーロッパに住んでいる気分?

前回のブログで、“壁” の制作風景をお伝えしたハウスをご紹介します。

第32回 びどりを作品展 の出品作です。

    

 

「フランドルの記憶」

須アひろ子

技法:フュージング

※作品の写真の転載・転用、およびデザインの転用を固くお断りします。

  

   

【本人のコメント】

ギザギザの壁面と、覗きたくなるような窓を作りたくて、このデザインになりました。


    

 

 

前回のブログでご紹介した、ウロボロス社のフラクチャ―ガラスで作った壁です。

左の写真は、手前から光を当てて撮影、右側の写真はハウスの中の電球だけで撮影したものです。

 

アンバー色の玄関扉も、窓も、すべて手作りです。

    

 

 


 

 

 

 中にはシャンデリアも下がっています。

 

 

 


 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(4)

この記事へのコメント

 覗いちゃったよ

中のシャンデリアも可愛かったし、針金巻き巻き窓も、赤いストリングワァー(笑)の窓も
大好きで、覗きまくり&写真撮りまくりしちゃいました❤
制作中の写真で、姫とクリスマスのランプが友情出演してますね!!

 気づかなかった!!!

島子先輩ありがとうございます。でも製作中の写真がこんなにあったとは、全く気付かなかった(のか忘れているのか。)きっと集中してたんてす!
絵らしい絵は、壁しか描かなかったのに家が建ちあがって良かったと思います。(いひっ)

 いひっ

ほんとにね〜、一時は壁だけで終わっちゃうんじゃないかと・・・ヒヤヒヤ・・・
なんてね(^・^)
だんだん素敵が増してくのを、近くで楽しんでましたよ!

 同感!

全体像がなかなか見えてこなかったからね〜
でも、ジュエルや飾りバンドなどを効果的に使ってとっても素敵にできましたね。

巳年はウロボロスのガラスが?
花をもつ少女のパネル