2008/05/12  (月) 

窯を暖房がわりに


■今日は寒い!
先日までTシャツ一枚で、窓もドアも開けっ放しで気持ち良い五月の風に吹かれながら制作していたのに… 今日はもちろん窓もドアもしめているのに肌寒い。生徒さんも私たちも全員が、示し合わせたように首にスカーフ巻いていました。

 
それでも、今日は絵付けの作品のガラスを窯で焼成していたので、部屋の中はいくらかあたたかったはずなんだけどねー。しかも今日は一番大きい窯を使っていました。窯の中は600度まであげるのですが、窯の外側もパネルヒーター状態でポワ〜と温かくなります。(窯は室内に置いています。)

九月の展覧会前は、夏だわ、窯で焼成する人が多いわ、作品が間に合わなく熱気が立つわ… で“暑い”、“熱い”夏になるので、本当は今のうちにガンガン使って欲しいんだけどねー…

 

■新築祝いにステンドグラスの鏡を作って欲しい、という注文が入りました。二つくらいデザインを描いて送るつもりが、これはどうかな、これはどうかなと、ついついデザインが5つできてしまいました。どんな家なのかな〜? どんな趣味なのかな〜? と考えながらデザインするのはとても楽しいです。
さて、どれに決まるでしょうか?

 

■写真は、工房のベランダに咲いた、ハイビスカスです。園芸部員?のYHさんのお花です。庭?のお手入れ、いつもありがとうございます。



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

「現代日本のガラス」出版
鹿児島名産 あく(灰汁)巻き