2008/05/21  (水) 

働き者の「窯」たち

昨日のブログのフュージングを始め、近頃、工房の窯の使用頻度が増してきました。そこで、今日は、工房の窯の紹介です。

 

 小さい順に、

「みき窯 1号」

 
これは、俗称「ゆきんこ」とも呼ばれる小さくかわいいい窯。(ちょっと汚くなってゆきんこっぽくなくなってきた…)
温度も早く上がるし、早く冷めるので、テスト焼き、少量の焼成などに使います。絵付けのエマイユの発色を見たり、体験のミルフィオリなどちょっと焼きたい時に使います。


 

「みき窯 2号」
これも、少量の焼成用です。フュージングやスランピングなど高い温度にする時は、これくらいの大きさの方がすぐに焼けていいです。

 

 

 

 

 

 

「みき窯 3号」
一番使い勝手がいい窯かな〜 温度調整がし易いので。
つまり、早く温度があがりすぎず、あがらなすぎず… という感じ。
絵付け、フュージング、スランピングに大活躍です。

 

 

 

「みき窯 4号」
これは、棚板も大きいし、2段焼きできるので、絵付けなど作品を焼成する時に大活躍です。ただし、少し大きい作品はこの窯を一回では焼ききれないのが難点。それに焼いた後、窯から出せるまで徐冷するのに、ほぼ一日かかります。
(以前は、棚板が5段焼きできる窯があったのだけど、大きすぎるしムラ焼けするので、ここに移転する時に廃棄してしまいました。一つの作品が一度に焼けるので便利だったんだけどなぁ…)

 

以上、600度までなのか、800度以上にするのか…、焼く量は少ないか多いか…
などで、使い分けています。
今日は、「窯2号」でスランピング、「窯4号」で絵付けを焼きました。
「窯4号」は自動制御だから楽だけど、「窯2号」は時間を溶け具合を覗きながらなのでちょっと大変。(頻繁にタイマーがピコピコなっているのは、窯の温度調整のためです。ご勘弁ください。)
 

工房の設備に関してはこちら:http://www.miki-designkobo.com/class.html#class5



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

モレッティでフュージング
悲しい! 悲しすぎる! せっかく描いたのに…