2008/05/23  (金) 

棚板のメンテナンス

昨日の「失敗」はまだ尾を引いているのかなぁ… 何から仕事を始めようか、ノリが悪い。
そこで、今日も棚板のメンテナンスしました。それに乾燥したいい天気で、乾かすにはいい日和ではないか!
 
写真1:


まず、紙やすりで棚板を削り、余分な離型剤(シェルフプライマー:shelf primer )を剥がします。
 

 

 

 

 

 
写真2:


その後、水に溶かした離型剤をうす塗りします。1回目を縦方向に塗ったら、乾かします。乾いたら2回目は横方向に、3回は斜め方向に塗ります。
これで、まんべんなく塗れたはずです。
その後、風通しのいいところで乾かします。これで終わりです。
 

 
3、4回焼いたら、このメンテナンスをするようにしています。

 
ただ、シルバーステインという黄色に発色する絵の具を使った時は、毎回このメンテナンスをします。なぜなら、黄色のエマイユは“強い”ので、ガラスの表面に塗るとせっかくシェイディングしたグリザイユを“食って”しまいます。そこで、シルバーステインをガラスの裏面に塗るのです。そうすると、ガラスにとても発色のいい黄色が焼きつきます。
しかし! 棚板にも滲みてしまうんですね〜。ですから、これを紙やすりでとっておかないと、次回焼いた時に、この前回シルバーステインを塗った形の黄色のシミが、次のガラスにも発色してしまうのです。だから、シルバーステインを使った棚板は気を使うんですよ〜。

 

さて、次の焼成はうまくいきますように!
って、温度棒を確認しなかった私がいけないんだけどね。

今日は、生徒さんも多く、気が紛れてよかった! よかった!

“おもしろグッズ”探しの名人のKさんが、象牙を薄い板状にスライスしたものを買ってきて、話題をさらっていました。象牙のスライスなんてめったに見れるもんじゃありません。ピアノの鍵盤の上に使っているのと似てるなぁ…



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

悲しい! 悲しすぎる! せっかく描いたのに…
“垂直二等分線”を書けますか?