2013/10/07  (月) 

こんな日はヴェネチアへ行こう-2

前回のブログ、 「こんな日はヴェネチアへ行こう」 で、今年6月に行ったヴェネチア のサンティ・ジョバンニエ・パオロ教会の前まで行って、中に入りませんでしたが、今日は中に入りましょう。

 

       

       

サンティ・ジョバンニエ・パオロ教会は、ヴェネチアではサン・マルコ大聖堂をしのぐほどの大きさです。

観光客が列をなしている、サン・マルコ大聖堂と違って、中は人も少ないので、内部はかなり大きく見えました。

上の写真は身廊ですが、その他に袖廊もあり、側廊には美術品が満載の部屋もたくさんあります。

 

ここは、13〜15Cにかけて200年かけて建造されたそうです。

ゴシック建築は、建造期間が長い! 

200年ですよ! 200年!
        

特に有名なのは、右の袖廊のこのステンドグラスです。

 

16C 初頭、ヴェネチアがルネサンスの中心となった、ヴェネチアの黄金時代に、ムラーノ島で作られたもので、ヴェネチアに残る唯一のステンドグラスです。

 

私たちが行った、2013年6月は、右下の一部が、修復中でした。

海外の教会では、こうやって、順番に修復していくので、修復中の箇所がない方が珍しいくらいです。

 

上から順に、

 

神 → 

イエス → 

4人の福音記者達 → 

キリスト教主要聖人 → 

一般人に近い人々

 

の順に描かれています。

 


   

 

 

 

この教会では、時間をたっぷりとってあったので、椅子に座って遠くからずーっと眺めていましたが、見応えのあるステンドグラスでした。

 

次回のブログも、サンティ・ジョバンニエ・パオロ教会のステンドグラスの予定です。
      


 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

こんな日はヴェネチアへ行こう
こんな日はヴェネチアへ行こう-3