2009/03/10  (火) 

とでんもなか

今日は満月だから、最中のお話ししようかな?

形が “最中の月 = 満月” に似ていることから、最中と名づけられた和菓子です。

 


  

 

たまたま、今日は、都電最中の差し入れがあり、話しが盛り上がりました。

「都電って乗ったことない!」

「私はよく乗るわ」

「あ〜、すごろく付いてる!」

「最中が電車の形だ!」

「いろいろな電車の箱なんだよ!」

「へぇ〜」


 

 

 

 


 

 

一月頃だったか、写真のように、皮に自分で餡を入れて食べる最中をいただきました。珍しいですよね!?

皮がパリッ、香ばしく、餡もおいしい! 都電最中もおいしかったけど、これも美味でした! 

なんか、ウチの工房のおやつって充実してるよね! 

 

 

 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(1)

この記事へのコメント

 もなか? さいちゅう?

今日、教室で生徒さんに、
“最中の月 = 満月” の“最中”を、“もなか”と読むのか、“さいちゅう”と読むのか? と聞かれました。

平安時代の歌集に、
「水の面に 照る月なみを かぞふれば 今宵ぞ秋の もなかなりける」
とあるように、中秋の名月のことを“最中(もなか)の月” と言っていたようです。

もなか、さいちゅう、さなか・・・ 日本語は難しいですね。

アーツ&クラフツ運動のデザイン
マンツーマン レッスン