2009/03/27  (金) 

「ガラスを切る」のは怖いですか?

割れたグラスの片付けって、手を切りそうで怖いですよね?  危ないから触ってはダメ、と教えられて育った方がほとんどだと思います。そのせいなのか、ステンドグラスに興味はあっても、「ガラスを切る」 というのがねぇ…  という話しをよく聞きます。

 

今日、「小さなガラスの星」 の体験制作をされた方がいらっしゃいました。このコースは少しだけ 「ガラスを切る」 ということも体験していただくコースです。(ガラスカットの練習はご希望により。)

写真のように、素敵な色合いのガラスの星が出来上がりました!

 


 

 

「ガラスを切る」のは、やってみたら、思ったより簡単だった、怖くなかった、とおっしゃっていました。

ガラスにカッターで傷をつけ、割りとります。いろいろな割りとり方がありますが、写真のような道具を使えば、手でガラスを割るわけではないので安心だと思います。これは「ランニングプライヤー」 または 「フレッチャー グリップ」 といいます。(詳しくは後日。)

カッターでつけた傷と白い線を合わせるようにガラスをくわえて、軽く握るだけです。

 
 
「ガラスを切る」 練習は、怪我をしないようにマンツーマンでお教えしますので、指を切ったりすることはほとんどありません。この方は、「ガラスを切る」 ことが、怖くないことがわかり、さっそく入学の手続きをされました。(よろしくお願いします! )

 

なかなか入学前に「ガラスを切る」体験をさせてくれる所が少ないのかもしれませんね。

他にも体験コースはいろいろとありますが、ご希望があればガラスカットの練習もいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 


 

工房のベランダから見降ろした桜の木。

今日から定点観測しま〜す!

まだ一分咲きですが、夜には冷たい雨が降ってつぼみが寒がっているようでした。

 

 

 

 

 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

福沢諭吉の肖像画 (2)
ご夫婦で体験制作