2009/07/04  (土) 

参加レポ-4 (ぴっかぴかの研磨)面取り編

がらすらんど鰍フ、“ワンダーらんど 09” ですが、

 ・ 2009.06.27(土)には、「“ワンダーらんど 09” 参加レポを、

 ・ 2009.06.29(月)には、「参加レポ-1 (絵付けデモンストレーション)」 を、

 ・ 2009.07.01(水)には、「参加レポ-2 (なぁに、これ?)Art Blast」 を、

 ・ 2009.07.03(金)には、「参加レポ-3 (フュージング)」 を、

レポートしました。今日は、1階 倉庫内で行われた、

 

がらすらんどスタッフ(大阪支店の松原氏)による、

「研磨」 BEVEL STAR
 

です。

松原さんは、いろいろな質問にも答えながら、楽しくデモしてくださったので、ウチの生徒さんはこのブースに釘付けでした。
   

【1】 Glastar の BEVEL STAR を使って、ダイクロのBevel (面取り)

【2】 Glastar の BEVEL STAR を使って、積層ガラスの研磨

【3】 ステンドグラス用ルーター を使っての、研磨

 のうち、今日は、【1】面取り編です。(2と3は次回にね。)

 


 

【1】 Glastar の BEVEL STAR 

を使って、ダイクロのBevel (面取り)

 


ダイヤドリルで磨く → Tシャツで拭く
  

 

ウールフエルトホイールで磨く → Tシャツで拭く

 

 

セリウム付けてまた磨く → Tシャツで拭く → こんなにピカピカに!!! わぉ〜!

  

しかも、高いダイクロなのに、気前よくプレゼントしてくださいました! ありがとうございます! 工房で来る人ごとに見せて、撫で回しています。

 

一面が10秒くらいづつだったかなぁ・・・ 松原さんを見てると簡単そうなんですが、結構指とか筋肉痛になりそう。しかし、松原さん、素手でやっていらっしゃいますが、手荒れしないんですかねぇ・・・ 素手じゃないと感覚がわからないかぁ。

 


  

※松原さんは、ぞうきんがあるのに、何故Tシャツで拭くのか!?

う〜ん、気持ちはわかりますねぇ。だって、ステンドグラスも完成して、ガラスを磨くとき、最初はぞうきんで拭きますが、最後はやわらかい布で拭きますものね。

いつも、生徒さんには、「ガラスを綺麗に磨くところまでやって完成です」 としつこく言っているので、みなさんご存知だと思いますが、最後の仕上げを拭く時の布って、重要なんですよ! タオル地より、目のつんだ木綿、やわらかいジャージー地、ウール混地などがいいんですよね〜。輝きが違いますよ!



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

参加レポ-3 (フュージング)
参加レポ-5 (ぴっかぴかの研磨 小口磨き編)