2008/09/06  (土) 

鉛線組みは最初の一歩が肝心

今日は、鉛線組みのパネルをしている方が多い日でした。そこで鉛線組みのポイントを一つ!

 

先月のオリンピックの各競技の中継を見ていると、「出足が肝心です」とか、「1点目を取りたい」「最初に流れをつくりたい」、といった言葉をよく聞きましたね。まさにこういった言葉は、鉛線組みの時にも言えることなんです。

 

 

基本的に右利きの人は左下から、左利きの人は右下から作るのが通例ですが、「最初の一歩」の組みが正確化どうかで、組みが左右されます。

ですから、組み始めの部分のおよそ両手の平を広げたくらいの範囲は、特に慎重に組みましょう。ここを雑に組んでいくと最後まで何かしっくりこない、ということが続くはずです。また、

 ・外側に打っている添木がずれていないか

 ・ガラスが型紙通りに切れているか、もう一度型紙とあわせてみる

 ・ガラスが鉛線の中にきちんと入っているか

この3点を確認しながらすすめてくださいね!

 

ガラスカットが正確な方は、鉛線組みが好き! というはず! です。

頑張りましょう!



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

展覧会の準備 (大工さん編)
絵付けの手順 (1)色ガラスとガラス絵