2008/09/09  (火) 

ライトボックス

今日は、南青山にある潟eクニハウスのショールームへ。

先月にお願いしたライトボックスを引き取りに行きました。 

ライトボックスとは、下の写真のように、裏側に蛍光灯などの照明を配したボックス(今回は、厚み105mm)で、開口部にステンドグラスを入れて、壁などに掛けて観賞していただくものです。(今度、ステンドグラスを入れたところの写真をとったらアップしますね。)

 

 

 

ステンドグラスのパネルは太陽光で見るのが一番ですが、かといって、絵付けのパネルなどの場合は、光がたっぷりと入るヨーロッパと違って、日本では場所を選んで取り付けなくては綺麗に見えません or 綺麗に見える時間帯が短いです。

 

絵付けのパネルでなくても、窓にステンドグラスを入れたいが、あまり光が入らない、廊下やお店などの暗い場所でステンドグラスを入れたい・・・ といった場合には、ライトボックスにステンドグラスを入れ、灯具(蛍光灯)で照らします。

また、自然光が入る窓がたくさんあるギャラリーは少ないので、ギャラリーなどで展示する際には、ライトボックスに入れることになってしまいます。

 

 

この潟eクニハウスさんには、もう何度も作っていただいたことがあるのですが、フルオーダーにもかかわらず、リーズナブルな価格で、しかも丁寧な仕上げで、細部の注文に至るまで期待以上の出来ばえなので、いつも大変満足しています。 



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

絵付けの手順 (1)色ガラスとガラス絵
展覧会の準備 (大工さん 続編)