2009/05/11  (月) 

「ガラスを切る」のは怖いですか?(2)

この頃、技術ネタ少ないですねぇ〜!

と熱心な生徒さんから催促されてしまいました。はい、じゃ基礎的なところから…

 

3/27 の 『「ガラスを切る」のは怖いですか?』 で、ちょっとお伝えした 「ランニングプライヤー」 。または 「フレッチャー グリップ」 といいます。

 

これは、4/21 「ガラスを割り取る工具」  にものせました。(左の写真は緑色ですが、最近の商品は黒です。)

 

 

「ガラスを切る」 = ガラスにカッターで傷をつけ割りとる、ということなのですが、その「割り取る」 時に、「怖い!」 といわれることがよくあります。

 

手でガラスを割るわけではないので、ガラスを切るのが怖い、という方には一番安心だと思います。

カッターでつけた傷と白い線を合わせるようにガラスをくわえて、軽く握るだけです。
 

※ 教室でお貸ししていますので、「これはいい!」 と気に入った方は、ご購入ください。

 


 

 

私たちは、大きなガラスを割る時は、作業台の端っこを使って、片手でガラスを押さえて、片手でガラスを下に落とすようにして、バッン! と割ります。(これ結構、快感! 一日に何枚もやると気分爽快!)

 

でも、生徒さんには、それは怖いようなので、もっと簡単な 「究極の道具」 を使ってもらいます。

それは、割り箸です。

割り箸が究極? と思わず是非トライしてくださいね。自分がやりやすいように先を削るのがポイント!

「ランニングプライヤー」 も 「割り箸」 も原理は同じなんですよ!?

 

※ そのほかにも、竹箸の使い道はいろいろあります。捨てずにとっておいてね!



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

体験制作で、ステンドがやみつきに・・・?
ガラスメーカー(1) ココモ