2009/06/02  (火) 

フュージングできるガラス

先日のブログ 「ガラスメーカー(2) ブルズアイ 2009.5.27」 で・・・

「業界標準となったのには、「膨張係数」 の問題が大きいと思います。膨張係数が異なると、ひずみが生じて焼成中や焼成後に割れてしまいます。」

とお伝えしたのを覚えていらっしゃるでしょうか? 今日は、各メーカーの膨張係数の話しです。

各メーカーによって膨張係数は異なります。(二種類販売しているところもあります。)
 
  ● ブルズアイ    90
  ● ウルボロス     90、96 
  ● モレッティ     104
  ● スペクトラム    96
  ● デサーグ       94


上記のように各メーカーによって少しづつ異なります。だから、これとこれを重ねると綺麗だからフュージングしよっ! と簡単にいろいろなメーカーから選ぶことは出来ないわけです。

 


 

ブルズアイ

 【参考】 イロイロやってみよう! 企画レポ 2009.1.19

このワークショップの時に使ったのは、すべてブルズアイでした。
 

 モレッティ

  【参考】 

 ・ モレッティでフュージング 2008.5.20

 ・ 「ベネチアンガラスのマグネット」体験コース (2) 2008.6.18

 


 

※ メーカーは異なりますが、ウルボロスの90と、ブルズアイの90とで、膨張係数は同じなので使うこともあります。実は、ウルボロスの方が価格的に安いので、同じような色なら、ウチではウルボロスを選んでしまいます。


※ もちろん、上記以外のガラスでフュージングすることもあります。でも、テスト焼きが必要だったり、失透したり(表面の艶がなくなること。失透したものは商品・作品としては使えません。)、翌日になると割れていたり、半田付けをすると割れたり・・・ と、とてもリスキーで注文品には使いたくないかな。



--------------------------------------------



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です!


にほんブログ村



いつもクリックありがとうございます!!!

現在上位です! 


にほんブログ村





| コメント(0)

今日から個展始まりました!
演歌歌手もステンドグラス体験制作